第17回国立大学法人情報処理センター協議会

○システム運用関係の分科会:座長 富山大学 高井正三

「2000年を間近に控えたセンターシステム運用」

(1)センター・システム管理者の2000年(Y2K)問題への対応.
(2)情報システムの管理,運営体制のあり方.
(3)大学間での情報の共有化を図る方法.
(4)レンタル経費の削減とレンタル期間の長期化の問題への対応.
(5)対外接続回線の高速化計画.
(6)コンピューター犯罪への対処方法(システム運用とモラル教育の面から).
(7)キャンパスの情報システム化推進の課題.
(8)古いPC/WS,ソフトウェアは何処へ(リサイクルの課題).
(9)ネットワーク時代におけるセンターのあり方.
(10)その他各大学からの問題提起と解決策の提案・討論.

○技官関係の分科会    :座長 福島大学 長谷川秀輝

「センター技官の現状と未来」

 (1)管理・運営の中で
     ・小人数体制の中での技官の役割
     ・センター技官に求められているもの
     ・これからのセンター技官
     ・アウトソーシング化の現状
     ・教官、学生との諸問題
     ・他大学センターとの連携
 (2)技術専門職移行から1年を経過して
     ・センター技官の現状
     ・センター技官の評価
     ・技術専門職員研修について

○ネットワーク関連の分科会:座長 金沢大学 松本豊司

「大学におけるネットワーク関連の問題発生時の対処システム」


 (1)「第3回 コンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウム(SCCS'99)」の報告
   報告者:和歌山大学 上原哲太郎 

  キーワード:
  電子商取引、電子メール、コンピュータウィルス、米国におけるコンピュータ
  犯罪防止に向けた官民共同作業、インターネットセキュリティ、  警察における
  ハイテク犯罪対策-不正アクセス対策を中心として-、コンテンツから見た
  ネットワークセキュリティ

 (2) 各大学の事例紹介

 (3) 討論
   ・ハードウェアの故障時の対処システム
   ・大学構成員が問題を起こした際の対処システム
   ・学外からのネットワークアタックの対処システム
   ・警察、弁護士などの対処システム

 (4) 討論した結果を基にしたガイドライン作りの検討